2007年2月12日月曜日

タイムアタックを考える


世のゲームの中には、タイムアタックというものがある。

ゲーム好きの方には説明は不要だろう。
特にアクションゲームやレースゲームに多いが
「規定時間内にそのステージをクリアする」とかいうアレである。

私はこれが結構好きなのだ。


好きな理由は色々ある。
この手のモードは本編後のお楽しみに用意されてる事が多く、よってたいてい難易度が高い。
しかし難しい分だけ、クリア出来た時の快感は大きい。
ステージクリアが最低条件な上に時間制限がつくので、洗練されたプレイを求められる。
というより時間内クリア出来るという事がすなわち、必然的に洗練された華麗なプレイだという事だ。
「私って天才じゃなかろうか」と勘違いさせてくれるあたりも好きである。

しかし私が一番好きなのは、
始めで手間取って「こりゃ今回はダメだなーでも練習になるしこの先もとりあえず進んでみよう」
とか思って続けていたらなんか制限時間に間に合って

「お!こりゃもしかしてなんとかなるかもしれませんよ先生!」
 というどんでん返しの瞬間なのである。長い瞬間です。しかもまったく洗練されてない。


タイムアタックにはコツがある。

と書くとなんだか偉そうだが、私なりの心構えというのがあるのだ。
まず大雑把に頭の中で全体図を思い描く。
そして自分の進むルートや方法をある程度イメージしておく。
上記の準備は基本的に必須なのだが、でも完璧すぎてはいけない。

そしてここからがポイントなのだ。

途中で失敗しても立ち止まらない。タイムロスしてもすぐ終了やリトライボタンを押さない。

「気にせず最後まで続ける」のである。


えー、突然余談です。

今思えば、なんでそんな事でアンタと、笑ってしまうのであるが、
私は18歳の頃、ある事で絶望し、思い詰めていた。

自分の人生にどうしても欲しいものが、これだけは諦められないものが、
永遠に手に入れられないだろうと「予測」したからである。



えっと何だっけ。…話を戻そう。
さっき完璧すぎてはいけないと書いたのは
あまり完璧すぎるルートにこだわっていると
ミスした時自分がフリーズしてしまうからである。なんつっても心弱いのである。

第一クリア云々より、ゲームが楽しく感じられない。
実際タイムアタックをどうにもクリア出来ない時というのは、
ミスを気にするあまり次も凡ミス、ムカッ…すぐ終了&リトライ、
その繰り返しでもうイヤーン…のパターンであった。

そして面白い事に、クリア出来た時の多くは私の場合、上に書いたように
「こりゃ今回はダメだなーでも練習になるしこの先もとりあえず進んでみよう」のパターンが大半なのだ。

たとえクリアはダメでも、惜しいタイムで俄然やる気が出たり。
ひょっこり、もっといいルートを発見したり。
なにより文字通り後半エリアの気楽な練習になるので、
次はあっさりクリア出来る事も多い。


用意された規定のタイムをクリアしたら、その後は「過去の自分」が待っている。
次こそは、完璧を求められる世界。
しかし、気にする事は無い。やり方は何も変わらない。
さっきクリアしたのは「自分」であるから。

追いつけばいいのである。追い越せばいいのである。



ところで。
18歳の頃欲しかったものを、気がつけば私は持っていた。

その頃想像していたものとは少し違うけど、なんでだか今持っているのだ。



あの時続けて良かったなあ。終了ボタンを押さなくて良かった。


バナナの皮ですべろうと、上からタライが落ちてこようと。

おけおけ、どんまい、気にすんな~♪

さ、今日も行けるとこまで行ってみっか。



本日の一曲:「IT'S ALL RIGHT」 佐野元春

  

0 件のコメント:

コメントを投稿