2007年9月19日水曜日

果てしなき闘い

はじめに: 前々回前回と登場した愛すべき家族達、そして自身に芽生えた愛するという意志。
その姿も真実ではあるが、今勇気を持ってもう一つの現実を書く事で、この「愛の三部作」をシメたいと思う…。)

 

私の生まれた町の方言に「びったもん」というのがある。

その響きから察しがつくかもしれないが、決して決して誉め言葉ではない。

キタナイ、だらしない、怠け者、等々…。

つまり「びったもん!」と言われる事は、「あなたはバッチイひとです」と宣告されるに等しい。

 

さて…私はかつて、この、世にも哀しい名称で呼ばれていたという暗い過去を持つ。

理由のほうは明快である。 私は掃除が嫌いだったのだ。

 

難儀な事に、私の母は大の綺麗好き、であった。

私が半端じゃなく散らかった自室で漫画「つる姫じゃ~!」を読んでいると、ドスドスと音が聞こえてくる。
勇者の聖なる剣(←掃除機)を手に、「悪魔怪獣ビッタモン」を成敗にやってくる正義の足音である。

私は慌てて「大事なモノ、しかし母にとってはゴミ」というアイテムの数々を必死でかき集める。
しかし、勇者の攻撃は素早くかつ容赦なく、私に襲いかかるのだ。もはや勘弁ならぬ!と言うように。

そうして、エクスカリバーの聖なる光(←掃除機)は、私の部屋をピカピカにしてゆく。
フィンガー5のレコードや、「明星」の付録ビューティペアのポスターを、「つる姫じゃ~!」共々ひとまとめになぎ倒しながら…。

 

ひとり暮らしを始めて最初に思ったのは、「やれやれ、これで静かになる」という事であった。

しかし、闘いは終わらなかった。

 

ひとりになって、一週間も経った頃であろうか。

ふと部屋の隅をみると、こんもり埃がたまっている。「埃って、こんなに早く溜まるものだったっけ?」
疑問と同時に、イヤな予感が私の頭を横切る。もしかして…と風呂場を覗いてみると、悪い予感は的中していた。

そこには、黒いカビが、点々とお出ましになっていたのだ。
「こんにちは!これから末永くよろしくね!」というように。

ビッタモンとて、埃やカビを好きにはなれない。ここらへんが中途半端な私。
散らかってるのは平気でも、カビや埃は苦手なのだ。おまけにアレルギー持ちなのだ。

「全ては勇者様のお蔭だったのですね…」 カビキラーを握りしめ、母を想って立ち尽くす。
しかし、おかあさーんと叫んでみても、勇者様はいないのだ。私が闘うしかないのである。

そうして、この100%自業自得の果てしなき闘いは、続いていくのだった。

 

そんなビッタモンにも、恋の季節はやってくる。新生活の中で仲良しのお友達も出来た。

そうなると、その愛すべき人々を「自宅に招きたい」と思う事も増えてきた。

しかし、我が部屋はビッタモンの棲家。常にとっ散らかっていて、そんな事許されるワケがない。
しかも、ソトヅラのいい私は、自分が「悪魔怪獣ビッタモン」である事を、ひた隠しに隠している。

選択肢は二つに一つ。
愛する人々を諦めるか、掃除をするか

私の正体を、誰にも知られてはならない。
人々に忌み嫌われるビッタモンの哀しい宿命(さだめ)…。

意を決した私は、「誰かが来る時だけ」部屋をピカピカにするぞ、と心に誓った。
意を決したわりには、さすが中途半端である。


ある時は飲み屋で「これからアンタんちで二次会!」と勝手に宣言され、ある時は「あと10分でそっち着くから」という電話にウルトラ級のタイムアタックを強いられた。
思えば幾多のピンチがあった。たぶん一部の友人にはバレていたでしょう。

そうして、どうにかこうにか過ごす中、十数年の時が流れた…。

 

 

よく出来た映画には、サプライズがある。
よく出来た推理小説には、どんでん返しがある。
よく出来たゲームには、意外な敵が待っている。

まったく、人生は、よく出来ている。


三十路を少し過ぎた頃、私は現在のツレに出逢う。

私が初めてツレの部屋に遊びに行った日、奴は私を近所のコンビニに放り込み、言った。
「ゆーっくり、オツマミでも選んでて。ゆーっくりね。少なくとも二十分位。」
そうして、脱兎のごとく自分のマンション目指して駆けだして行く。

私はふと、デジャヴのようなものを感じたのだが、その時はそれきり忘れてしまった。
だが、今にして思えばあれが、本当の闘いのゴングだったのだ。


遠慮を忘れた時、人は、その正体を現す。

散らばったカラのCDケースと、そこここに山積されたむき出しのCD盤。
ことごとく蓋の閉まってない調味料の瓶。左右で柄の違うスリッパ。
裏返しのまま丸められたTシャツ、「8の字」のような抜け殻ズボン。
歯ブラシの横に置かれた無意味なシャンプー。何故か押し入れで発見される歯磨き粉。


それらの物と遭遇する度、私は戦慄した。しかもコイツは中途半端ではない。

そんな。チャンとした人だと思っていたのに。ソトヅラだったのかよ!
しかし私の罵声は、虚しく自分に跳ね返ってくるだけ…。

 

己の敵、それは己。 ビッタモンの敵、それは。

嗚呼。こいつこそが最強のボス、「大魔獣ビッタモンキング」だったのだ。

 

私がツレの事を親しい友人に愚痴ると、「因果応報ね」と言う。やはりバレていた。

それにしても天は、なんと見事な裁きを下されたのだろう。

かつて私が倒された聖なる剣(←掃除機)を、今こそ私に握れと仰るのですね?
この大魔獣を成敗せよと。あの勇敢な母のように。
さすれば私の罪は許されるのですね?やっと永い闘いは終わるのですね?

 

しかし、哀しいかな、しょせん私は中途半端なビッタモン。
自分の事さえおぼつかないのに、人の世話まで焼けません。

  

そんな思いを同じくして、私たちは散らばったゴミの中、それぞれの世界へ逃避する。

ある者は惰眠へと。またある者はニンテンドーDSへと。

徐(しず)かなること林の如く 動かざること山の如し

 けだるい夏の昼下がり、ゴミを掻き分け掻き分け、猫だけが無情に通り過ぎていく…。

 

私たちの正体を、誰にも知られてはならない。

来客を報せるチャイムが鳴る。絶体絶命のノックが響く。

 

果てしなき闘いは、今日も続く。

 

 

 

本日の一曲:「今日もどこかでデビルマン」 (デビルマンエンディングテーマ)

  

↑ デビルマンの部分をビッタモンに替えて、みんなで歌ってみよう! 

0 件のコメント:

コメントを投稿